2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年11月1日 - 2009年11月7日

【青森】居酒屋

【青森】居酒屋
青森の夜は、友達と飲みに行くことになっていたのだが、予定がずれて、スタートは2030過ぎに。

Yは中高の同級生で、大学も同じ仙台にいたこともあり、話は留まる事を知らない。
気が付いたら2430を過ぎるほど!
ビールから始まって、普段は外で飲まない日本酒や焼酎まで飲んでしまった。
つまみ、キムチ鍋と刺身盛合せなど、その刺身も、かんぱち、マグロ、ホタテ、ウニ、サーモン。5種類。
ものもよく、飲んでるつまみには最高。
話が楽しすぎて、久々に飲み過ぎたね!

20091105

店名:楽食酔喜 居酒屋 るあん
注文品:刺身盛合せ(1600円)
場所:青森市橋本1-1-7 ハイパーホテル青森1F
電話:017-721-2838
営業:1730-2700
休み:不定休
評価:5

【青森】つゆ焼きそば

【青森】つゆ焼きそば
【青森】つゆ焼きそば
【青森】つゆ焼きそば
【青森】つゆ焼きそば
八戸から青森に移動する方法を、電車からレンタカーに切り替え、余裕を持って、八甲田山経由で行ってみる。

秋景色の麓と違い、途中から道路脇には雪が残ってる。下りにはいると、いきなら50m先が見えない靄が・・・
無事に青森市に入り打ち合わせを終える。

昼もちゃんと食べれなかったのもあり、黒石つゆ焼きそばを食べるべく、妙光2号店に入る。

店には、地元のおじさんが一人おり、おばちゃんと津軽弁で何か盛り上がっているが、何を話しているか、ちんぷんかんぷん!
耳に入って来る言葉はホントにフランス語だね。

つゆ焼きそばに漬物、なめこ和えに小海老天まで付いて来て600円はかなりお徳!
その上、おばちゃんがこれ食べれる?ってご飯まで出してくれた。
もうそのサービスだけで、味よりなにより満足である。
つゆ焼きそばに、小海老天や紅しょうがを加え贅沢な感じで食べる事が出来た。
お腹苦しかった〜

20091105

店名:妙光2号店
注文品:つゆ焼きそば(600円)
場所:青森市中佃3-4-7
電話:017-743-3993
営業:1100-1500 1630-1930
休み:不定休
麺:平麺
トッピング:揚げ玉、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、もやし、ねぎ、豚バラ、ピーマン。小海老天、なめこ和え、おしんこ、ごはん
評価:6

【盛岡駅】カツサンド

【盛岡駅】カツサンド
【盛岡駅】カツサンド
前日秋田から盛岡に入り、実家泊まり。
矢巾で打合わせを終えて、一路、青森に向かう。

本来なら、じゃじゃや冷麺を食べて行きたい所だが、そこまでの時間はなく、駅ビルのフェザンの地下で物色する。
するといわちくの総菜コーナーにカツサンドがあったので、それを新幹線で頂くことにする。

4切れのカツサンドで330円はかなり安い方に入ると思う。
元々、パンの味には期待していなかったので、カツの肉がどんなもんかを食べてみる。
トンカツにレタスとソースのシンプルな組み合わせ。
トンカツ自体が美味しい。でもやっぱり、カツサンドはパンも大事。
普通の食パンで市販のやつ。もったいない!
折角のトンカツの味が失われてしまう。

まあ、安いからしかないんだけどね。

20091105

店名:いわちくキッチン 盛岡フェザン店
注文品:カツサンド(330円)
場所:盛岡市盛岡駅前通1-44 盛岡駅フェザンB1
電話:019-654-9777
営業:1000-2100
休み:
評価:5.5

【秋田】味噌ラーメン

【秋田】味噌ラーメン
【秋田】味噌ラーメン
【秋田】味噌ラーメン
今週も出張三昧である。

まずは秋田に入り、そこから岩手、青森を回る2泊3日の出張(たび)。
秋田で、連れて行かれたのが、夜は居酒屋で、昼だけラーメンを出している「さらや」。
おすすめのさらやそばみそを注文。
食べてみると意外にウマい。
なるほど、これはおススメしたくなるのも判る。
何より気に入ったのが、専用の辛子。
これが、結構な辛味でオレ好み。

期待をしていなかったので良かったのかも?

20091104

店名:さらや
注文品:さらやそばみそ(651円)
場所:秋田市八橋新川向5-20
電話:018-865-0006
営業:1130-1330 1700-2200
休み:日曜
麺:細麺
トッピング:もやし、のり、こねぎ、チャーシュー、玉ねぎ、ごま
評価:6

【立川】すた丼

【立川】すた丼
【立川】すた丼
【立川】すた丼
【立川】すた丼
武蔵村山でハンドボールの入れ替え戦を勝利で終えて、帰り道、立川のグランディアでランチをしようとしたが、駐輪場がなく諦める。
しかし、そのそばに「すた丼屋」があったので7年ぶりぐらいに入る。

すた丼とは、豚の生姜焼き丼で、店の特性にんにく醤油で味付けた物。
生たまごが付いてスタミナアップの意味もあるのかな?

ボリューム満点のお肉とご飯。
豚の生姜焼きのタレがにんにくが効いていて、かなりのものである。
玉子を混ぜるとその部分がまろやかになり、タレの濃さを消してくれる。

出来合いのモノではなく、注文に合わせて作っているので、提供には思った以上に時間は掛かるが、学生、ブルーワーカーにはたまらない味だね!

20091101

店名:伝説のすた丼屋 名物すた丼の店 立川店
注文品:すた丼(580円)
場所:立川市錦町1-2-5
電話:042-529-4500
営業:1100-2700
休み:年中無休
トッピング:ねぎ、のり、玉子、たくあん、ごま
評価:6

【表参道】フォアグラ丼

【表参道】フォアグラ丼
【表参道】フォアグラ丼
【表参道】フォアグラ丼
【表参道】フォアグラ丼
世界最高峰のラグビーチーム、ニュージーランドのオールブラックス対オーストラリアのワラビーズの試合のチケットを無料で手に入れることが出来た。
あのスピード、あのパワーをこの目で見ることが出来たのは、本当に収穫である。
もう二度と見れないかもしれないしね。
気持ちが高揚したまま、国立競技場から歩いて青山・表参道方面に歩いていく。
感動をそのまま食事に行こう!と言う事で店を物色して、「魚民」って声もあったが、せっかくならと青山フロラシオンに向かって、シェフのところで食べちゃぉ!って勝手に決めてしまう。

ホテルのフレンチレストランって事もあり、ほかの3人はちょいと遠慮がちで店に入る。

メニューを見てもそれ相当の金額が並んでいる。普通よりも安いが、「魚民」のメニューに比べたら、雲泥の差である。
メニューを見ても仕方がないので、Oシェフのお任せでお願いした。
予算も伝えて・・・

そうしたらもう驚きの品々が出て来る出て来る!
前菜のサラミ盛り合わせに始まり、焼きホタテに、パスタ、ガーリックトースト、そしてメインの
「ミニフォアグラ丼」!!
濃厚なソースでソテーされた分厚いフォアグラをご飯の上に乗っけちゃう!
なんて贅沢な!
ご飯とフォアグラがこんなにも合うのか!ってぐらい、ソースが決め手になっている。

白ワインのデェキャンタ自体ない店なのに、無理をいって3杯も飲んでしまった。

ココでは、掛けないぐらい格安でこのプチコースを頂いてしまった!
Oシェフに感謝である。

今度は、事前にって言われたが、また、突然行くかもね!

20091031

店名:Voila(ぼわら)
注文品:おまかせ(ヒミツ)
場所:港区南青山4-17-58 ホテルフロラシオン青山G階
電話:03-3403-2900
営業: ランチ 11:30〜14:00 ティー 09:00〜22:00(L.O.21:30) ディナー 17:30〜22:00
休み:無休
評価:7.5

【新橋】立ち飲み

【新橋】立ち飲み
【新橋】立ち飲み
10月最後の週末。
新橋駅前の立ち飲み屋に会社帰りに向かう。
いかにも典型的な正しいサラリーマン?の生活スタイルである。

目的は、新橋にも出来た「根室食堂」である。
北海道根室から直送された、魚介類を安く提供してくれると言うので行ってみた!

魚箱をテーブルにビールで乾杯!
ほっきの刺身やいかゴロをつまみにして、本日のおすすめ「きんき」を頂く!
通常3000円ぐらいする高級魚だが、ココではなんと1500円!
通常の半額である。
まぁ、焼き魚で1500円でも高いかもしれないが、ココに来たら勢いである。

脂の乗ったきんきは、身がホロホロとしていて、皮から簡単にはがれていく。
焦げ目の付いた皮にも脂ものっていて、これまたビールのつまみに最高である!

結構食べて、飲んだのに1人3000円で済んだ。
また行かなきゃね!

20091030

店名:北海道海鮮問屋 根室食堂 新橋店
注文品:キンキ(1500円)
場所:港区新橋2-18-4 磯部ビル
電話:03-3571-3360
営業:15:00-24:00
休み:年中無休
評価:6.5

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »