2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月1日 - 2009年2月7日

これはなんでしょう?

これはなんでしょう?
20090207のランチ

わかるかな?

【新潟】へぎそば

【新潟】へぎそば
新潟の〆は、ある意味行きつけであり、定番になって来ている「小嶋屋」である。

それも、これしか食べてないんじゃないか?ってぐらいのいつものカレーセット。
海藻をねりこんだへぎそばとこしひかりのご飯にチキンカレー。サラダまで付いて来る。
へぎそばをわさびで食べても良いが、からしをめんつゆに入れて食べるのも美味しい!意外な組み合わせなのだが、あなどれない!

チキンカレーは、新潟名産こしひかりを使用したツヤツヤごはん。
玉ねぎで丁寧に甘味を採ったカレールーとの相性は抜群だね。

新潟定番からなかなか抜け出せない!

20090206

店名:越後長岡 小嶋屋 CoCoLo本館店
注文品:カレーセット(1260円)
場所:新潟市中央区花園1-1-1 新潟駅ビルCoCoLo本館
電話:025-243-7707
営業:0900-2000
休み:無休
麺:へぎそば
トッピング:サラダ、らっきょう、福神漬け
評価:7

【新潟】立ち食いそば

【新潟】立ち食いそば
新潟の朝は雪で新潟らしいな〜って思っていたら、すぐに晴れて、らしくない天気に戻った。
駅の立ち食いで朝ごはん。シンプルにかき揚げそばを頼み、店揚げでないかき揚げだなぁ〜って思いながら、作るのを見ていた。
出てきたそばは、黒い田舎そばでオレの好きなタイプ。自家製麺らしく、太さが違う。

店揚げではないかき揚げは特に期待をしていなかったのだが、食べてみてびっくり「いか?」
いかが入っている。
またよく見ると、「えびだ!」この値段でいかや小海老が入っているかき揚げは珍しい!
期待していなかっただけに評価は高いね!

20090206

店名:やなぎ庵
注文品:かき揚げそば(430円)
場所:新潟市中央区花園1-1-1
電話:025-249-2090
営業:0630-2230日祝0630-2100
休み:
麺:田舎そば
トッピング:ワカメ、ねぎ、いか・えび・玉ねぎ・にんじん・春菊のかき揚げ
評価:6.5

【新潟】煮込み

【新潟】煮込み
盛岡からスタートした今日の旅の〆は、新潟。
秋田から特急いなほで悲しみ本線日本海を南下すること3時間半。
冬の新潟は雨模様だった。
ホテルにチェックインしたあと、繁華街古町に向かいそこで待っていたのは、昔の会社の後輩H。
関西から単身赴任している彼のオススメの店、古里にはいる。

生ビールで乾杯
(^^)/▽☆▽\(^^)
したあと、彼のオススメ「カレー煮込み」を頂く。
大根、こんにゃく、もつ、牛肉、ねぎ、ごぼう、にんじんと具沢山でピリッと辛いカレーの味が食欲をそそる。
ついつい「ごはん!」って、言いたくなる。
単身で野菜を採るには手っ取り早いおつまみである事に間違いない。

ちなみに、辛味が足りず、一味をぶっかけたのもまぎれもない事実である。

20090205

店名:居酒屋 古里
注文品:スタミナカレー煮込み(380円)
場所:新潟市古町5-584
電話:025-228-5089
営業:1700-2400
休み:無休
トッピング:大根、こんにゃく、もつ、牛肉、ねぎ、ごぼう、にんじん
評価:6

【秋田】稲庭肉味噌うどん

【秋田】稲庭肉味噌うどん
朝一の新幹線で角館へ行き打ち合わせ終了後、秋田に入る。
午後一からの打ち合わせのため、早めのランチ。
秋田駅前に目欲しい店がないので、またまた、西武の地下にある稲庭うどん店へ。

稲庭うどんもメジャーになり、いたるところで食べる事が出来るようになり、有り難みがなくなって来てるかもしれない。
そこで変わり系の肉味噌うどんにしてみた。

盛岡じゃじゃめんを意識した盛り具合いと肉味噌の甘辛さが意識をしてるといなめない。
稲庭うどんはキッチリ越しもあり、さすがに老舗の感を出しているが、この肉味噌には、冷たいうどんではなく、温かいうどんの方がもっと美味しいのではないか?と思う。
こだわりから抜け出せない事が、味を落とす事もある。

20090205

店名:七代佐藤養助 秋田店
注文品:肉味噌うどん(980円)
場所:秋田市中通2-6-1 本金西武B1
電話:018-834-1720
営業:1100-2100
休み:不定休
麺:稲庭うどん
トッピング:肉みそ、白髪ねぎ、糸とうがらし、いぶりがっこ
評価:5

【盛岡】ネギそば

【盛岡】ネギそば
うし亭のもうひとつの名物「ネギそば」。
全てのメニューをセットにすると、半ネギそばを付ける事が出来る。
それだけ、力が入るメニューである。

シンプルな中華そばにネギの辛子合えが添えてある、これまたシンプルなネギそばである。

文句がつけようがないぐらい、シンプルだが、味がいい。
リピート率が高い商品があると、やはり店は強いね。
個人的には、細切りチャーシューを合えてくれるともっとポイントが高いんだけどね!

20090204

店名:うし亭 門店
注文品:塩辛丼セットのネギそば
場所:盛岡市門2-18-5
電話:019-652-7570
営業:1100-2300
休み:無休
麺:細ちぢれ麺
トッピング:ねぎ辛子合え、ねぎ
評価:6

【盛岡】塩辛丼

【盛岡】塩辛丼
気仙沼から盛岡にもどり、晩御飯は中高一緒の親友と飯を食べに行く。
最初、津志田の二幸にとんかつを食べに向かうも20時をまわるともう店は真っ暗で閉店していた。
ポジティブに次の店、うし亭に行く。
市内のど真ん中にあった「うし亭」がこんな所に支店を出しているとは知らなかった!

うし亭で食べた塩辛丼をモチーフに良い塩辛が手に入ると自宅で塩辛丼を作って食べる生活を学生時代からやっていた。
今回はうし亭の二大名物が一度に味わえる、「塩辛丼セット1000円」を注文し、10年ぶりぐらいの塩辛丼とネギそばを楽しみたいと思った!
出てきた塩辛丼は、本店と支店の違いなのが、味が改良されたのが、記憶していたのとちょっと違った。
自分が記憶して作ってたのは、温かいごはんに塩辛を盛り、海苔を周りに振りかけ、最後に、わさびを塩辛の上に乗せて完成!それが、目の前にある塩辛丼は、ご飯の上に細切りしたきゅうり、その上に塩辛と大量の海苔の雪を散りばめられたもの。わさびはついていない。
その塩辛丼を混ぜて食べて下さいと書いてある。
大分食べ方が違ってきている。
味もきゅうりを入れる事により、食感に変化ができたが、わさびがない分、風味が足りない感じがした。
塩辛の質を上げ、おろしたてわさびを使ったら最高に美味しくなりそうな感じをうけた。
家でやってみようっと!

20090204

店名:うし亭 門店
注文品:塩辛丼セット(1000円)
場所:盛岡市門2-18-5
電話:019-652-7570
営業:1100-2300
休み:無休
評価:5.5

【気仙沼】ふかひれラーメン

【気仙沼】ふかひれラーメン
気仙沼に来たら一度は食べてみたいのが、「ふかひれラーメン」だと思う。
以前行った新京本郷店に一度入ったら、「ふかひれラーメン2500円」の文字を見てそそくさと退散。
ランチに2500円は使えない。
リアスミュージアムの海の市で、いつもの北かつまぐろ屋に向かう。
今日は、海の市が休みで、いつもの混雑がない。ふと見るとまぐろ屋の隣に「ふかひれ・や」があったことを思い出し、店の前のメニューを見る。
「姿煮ふかひれラーメン1500円」「ふかひれワンタンメン1300円」ってある。

普通のふかひれラーメンじゃ面白くないから、ふかひれワンタンメンを食べに入る。

まぁ、実際食べると、ラーメンのレベルが低ければ、結局は一緒だと気がついた。ふかひれを目的にするなら満足度は高いんだけどね。

20090204

店名:ふかひれ・や
注文品:ふかひれワンタンメン(1300円)
場所:気仙沼市魚市場前7-13 海の市2F
電話:0226-24-7033
営業:1100-2200
休み:無休
麺:細ちぢれ麺
トッピング:フカヒレ、ワンタン、チャーシュー、ねぎ、メンマ、ほうれん草、のり、かいわれ、たまご
評価:5

【気仙沼】気仙沼ホルモン

【気仙沼】気仙沼ホルモン
東京から郡山→盛岡と移動し、当日中に気仙沼に入る。
最近気仙沼では、ふかひれだけでなく、ホルモンが注目されている。
「気仙沼ホルモン」とは・・・
3つの要素があります。まず第1に、生の豚ホルモンであること。第2に、味付けが味噌にんにくベースであること。そして第3に、千切りキャベツにウスターソースをからめて食べること。基本はこの3つをもって“気仙沼ホルモン”いうらしい。
気仙沼では、ホルモンは食べ方とおいしさが分からず、食べられてはいなかったようですが、約50年前、市内の精肉店の社長が韓国の人から味付けを教わったものが気仙沼ホルモンの味の基本となり、現在の味噌にんにくの味付けになったそうです。
そんな気仙沼ホルモンをつまみにしに、行ったのが「ホルモン道場」。

唐辛子味噌にんにくに漬けられたホルモンを、炭火の七輪で焼く。
サービスでレバーが3枚ついてきた。
ボリュームもありビールにも会う。ただ、にんにくが強すぎて、明日の仕事が不安になってしまう。週末に食べるのがベストみたい。

20090203

店名:ホルモン道場
注文品:ホルモン(450円)
場所:宮城県気仙沼市弁天町1-2-7
電話:0226-22-0830
営業:16:30〜21:30
休み:日
評価:4.0

【盛岡】じゃじゃめん

【盛岡】じゃじゃめん
矢幅での打ち合わせが終わり、上司の新幹線までの時間の空きもあったので、前回、じゃじゃは食べたものの、駅の地下じゃ食べた気がしなかったので、白龍に立ち寄った。

今では観光客もつめよる有名店になってしまったが、やっぱり安心してしまう。
普通ちーたんで未だに500円で食べられるんだから、やっぱり病み付きになるよね。
今回の味は、麺の茹で具合いがイマイチの感じがした。
良く見ると店員が若い兄ちゃん3人でやっていて、麺が出て来たあたりに、昔からいるおばちゃんが現れた。じゃじゃもやっぱり茹で方が違うだけで味が大きく変わってしまうね。

今日は節分で落花生がサービスで食べ放題だったのが嬉しかった!

20090203

店名:白龍(パイロン)
注文品:じゃじゃめん(500円)
場所:盛岡市内丸5-15
電話:019-624-2247
営業:1130-2000
休み:日
麺:じゃじゃめん
トッピング:肉みそ、きゅうり、ねぎ、しょうが、紅しょうが
評価:7.0

【有楽町】スパゲティ

【有楽町】スパゲティ
連日のジャポネ。

今日はランチの持ち帰りにしてみた。
電話で予約すると、1210は無理!と、1140にしてくれ!って。
弁当の電話予約で受け取り時間を断られたのは初めてである。10時に電話したのに、店はもう混んでいるようす。

会社で蓋を空けて見るとそんなに多くは感じなかったが、食べはじめてびっくり!全然減らない!
さすがジャポネ!

店の基本であるジャポネは和風でこしょうが良くきいている。
昨日のカレーの方が好きだが、次はナポリタンにしてみようっと。

20090106

店名:スパゲティ&カレー ジャポネ
注文品:ジャポネ・ジャンボ(650円)
場所:中央区銀座西1丁目2番地先 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
営業:1030-1930 土曜1030-1500
休み:日祝
麺:ソフト麺
トッピング:小松菜、玉ねぎ、しいたけ
評価:4.0

【梅田】かまたまうどん

【梅田】かまたまうどん
一度同行者をはがくれに連れて行ったら、梅田でランチをするたびに、はがくれをリクエストされる。
きじょうゆとぶっかけばかりじゃ芸がないので、期待も込めて、かまたまにしてみた。
はがくれレベルのうどん屋のかまたまはどんだけ美味しいのか、期待してしまう。
茹で上げたてのうどんに自分で玉子を割って乗せる。熱々のうちに、醤油と一緒に混ぜこねくりまわす。
白身がうどんの熱さで透明から白くなるのが理想なのだが、あまりならない。
ネギとゴマをぶっかけて食べる!

???何時ものはがくれと何か違う。
まず、かまたまはうどんが熱いうちに玉子を混ぜないと行けないが、ここのは、玉子を割る動作がある分、冷めてしまって、玉子の絡みが悪い。
また、きじょうゆやぶっかけのようなコシの強さがにぶっている。
うどんは冷水で冷やす事により麺がしまるのだが、冷やしていない分、絞まりがない。やはり、はがくれは「きじょうゆうどん」が一番だ!

20090127

店名:梅田 はがくれ
注文品:かまたま定食ダブル(900円)
場所:大阪市北区梅田1-1 大阪駅前第3ビルB2
電話:06-6341-1409
営業:1100-1445 1700-1945
土曜祝日1100-1430
休み:日曜
麺:讃岐系の手打ちうどん
トッピング:生卵、ねぎ、胡麻、かやくご飯
評価:5

【新橋】ビフカツ

【新橋】ビフカツ
新橋の烏森口にあるニュー新橋ビルは本当にディープなビルである。
以前はゴーゴーカレーの為に行っていたのだが、ビルには飲食店だけでなく、ゲームセンターやチケットショップ、マッサージ店が入り乱れている。
ゴーゴーカレーの新橋店がなくなってからは足が遠のいていたが、以前から気になっていた行列店「牛かつ おか田」に入ってみた。
古ぼけたバーのような店内はカウンターとテーブル席で空いた順番に席に案内され、30秒で揚げられるビフカツがすぐに提供される。
脂身が少ない赤身のロースを串揚げと同じようなキメの細かい衣で揚げられ、サクサクとした食感と肉の柔らかさを楽しめる。
何よりびっくりするのが、揚げられたカツの赤身が真っ赤で生な所!
つまり、刺身でも食べられる牛肉をビフカツにしてるというところ。

胡麻だれと醤油の2種類を好みでつけて食べる。
胡麻は甘目だが、わさび醤油は抜群に会う!
ビフカツにわさび醤油とはびっくりしたが、組み合わせのよさは抜群かも知れない。

個人的にはもっと美味しいかな?って期待していた部分もあら、評価は低くなったかな?

20090129

店名:新ばし 牛かつ おか田
注文品:牛ロースランチかつセット(1200円)
場所:港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビルB1
電話:03-3502-0883
営業:1130-売り切れ 1700-2200
休み:土日
トッピング:サラダ
評価:4.5

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »