2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2009年2月8日 - 2009年2月14日

【盛岡】冷麺

【盛岡】冷麺
最近盛岡駅近辺のお土産のイチオシのように並んでいる冷麺缶。
先日購入したのだが、知人にプレゼントしたので、食べな買ったが、盛岡から仙台へ移動する、繋ぎに初体験してみる。
盛岡の老舗製麺店、吉清水製麺が監修して作られた冷麺缶。
開けた瞬間、缶詰の防腐剤の臭いで、一瞬引く、次に麺を口に運んで、コシの無さにガッカリする。
こんな物をあげてしまった事を後悔する。

食べて行くうちにおかしい?と思いよくよく缶を見ると、「こんにゃく加工品」と書いてある
なるほど。納得。
そうおもうと、こんなものだと納得出来る。

20090214

製造:岩手缶詰
商品:盛岡冷麺缶激辛(330円)
購入場所:JR盛岡駅
電話:019-659-0283
麺:こんにゃく
トッピング:うずらの卵、豚肉、ごま
評価:3

【月島】煮込み

【月島】煮込み
東京にはいくつかの煮込み名店がある。その中でも、3巨頭だと思うわれるのが、北千住の大はし、森下の山利喜、そして月島の岸田屋である。

今回は、チーム三茶のメンバー+で月島の岸田屋へ煮込みを食べに向かう。
月島の商店街はもちろんもんじゃタウンであるが、北側にある阿部のレバーフライや河岸が近い関係もあってか、居酒屋も多い。
商店街のほとんど、勝どきに近い所に岸田屋はある。
カウンターだけの席は吉野屋型式。
18時過ぎだというのに、すでに満席。少し待っての着席だが、基本的に回転は早いようだ。

生ビールと共に煮込みを人数分注文する。
とろりとした煮込みにねぎがたっぷりそえられている。
ホルモンとシャキシャキとしたねぎを一緒に口に運ぶ。甘辛い濃厚な汁をねぎがさっぱりさせてくれる。
そこにビールをグィッと駆け込む。至福の瞬間である!
19時の時点で煮込みは売り切れ。
これを食べるには18時までに店に入らないと心して行く必要がある。

この後行った居酒屋も刺身が美味しく安かった。
このメンバーでの居酒屋探検隊が結成された感がある。

20090213

店名:岸田屋
注文品:煮込み (450円)
場所:中央区月島3-15-12
電話:03-3531-1974
営業:17:00〜21:30
休み:日曜・祝日
評価:7

【横浜】立ち食いうどん

【横浜】立ち食いうどん
相鉄線横浜駅構内には昔からの讃岐うどん店がある。
2年ぶりぐらいになるが、店にいったら、驚くほどキレイになっていた。
きれいになった店舗の横には喫茶が出来ていて、さらにびっくり。

かき揚げうどんにしようかと思ったが奮発して、えびかき揚げうどんにしてみた。
店揚げのかき揚げは、熱々で汁を冷ます事なく、最後まで美味しく食べられる。
うどんは讃岐うどんなのだが、昨今の讃岐うどんブームのお陰ではなまるをはじめとしたセルフ店が街中に増え、立ち食いレベルでは対応できなくなってきたのかも知れない。
茹で揚げ麺を使うにせよ、もっとコシが必要かな?

20090213

店名:星のうどん
注文品:えびかき揚げうどん(450円)
場所:横浜市西区南幸1-5-24 相鉄線横浜駅構内
電話:045-316-4569
営業:[月〜土] 7:00〜22:00 [日・祝] 7:00〜21:30
休み:無休
麺:さぬきうどん
トッピング:小エビ・たまねぎのかき揚げ、ねぎ
評価:5

【岐阜瑞浪】台湾ラーメン

【岐阜瑞浪】台湾ラーメン
岐阜の朝ごはんは名古屋駅のあんぱんやで購入したクリームチーズパンだったので、カメラと三脚を担いで午前中動き回ると結構お腹がすく。
現場のすぐそばに「台湾ラーメン」の看板が見え、気になって仕方がなかった。
ランチは満場一致で台湾ラーメンへ。
店はテーブル3つとL字のカウンターで台湾ラーメンは、醤油・みそ・塩の3種類から選べる。また、辛さも1〜13段階あると言う。
上司二人が、普通の台湾ラーメン醤油を注文。
こっちはみその13辛を頼むと、店員に驚かれ、店のお客にも小声で「13辛だって!」と驚かれ。
そのお客が店のマスターらしき人に「13辛って、食べる人居るの?」って聞いていた。マスターは「今まで2人くらいかな〜」と言ってるし。
こっちはたいしたことないと踏んでいるのだが。

先に、普通の台湾ラーメンが出て来たが見た目薄醤油のスープにしか見えず、こっちとしたら、「そんなの台湾ラーメンじゃないよ!」って心のなかで言っていた。

台湾ラーメンみそ13辛は、見た目、味仙の台湾ラーメン。ニラとねぎと辛味挽き肉。
麺はちぢれ麺でスープに絡む。辛さも、味仙よりちょっと辛いぐらい。
13辛でこれなら、50辛まで大丈夫だなぁって思った。
普通の台湾ラーメンはイマイチだったらしいが、13辛のみそは満足出来た。
今度来る機会があれば、20とか30って頼んでみようかな〜

20090212

店名:台湾ラーメン らい来
注文品:台湾ラーメンみそ13辛(630円)
場所:岐阜県瑞浪市小田町1009-3
電話:0572-67-0283
営業:1130-1400 1730-2100
休み:水曜、第4木曜
麺:ちぢれ麺
トッピング:ニラ、もやし、ねぎ、挽き肉
評価:6.5

【新横浜】シウマイ

【新横浜】シウマイ
祝日なのに出張である。
岐阜の瑞浪って中仙道沿いにある街へ前のりで行く事に。サッカーのW杯予選のオーストラリア戦もそこで見る事に。
3年前、ドイツのカイザースラウテルンのスタジアムで味わった屈辱を思い出させるように、何度もあのシーンが放送されるのを見て、スタジアムにいたオーストラリア人サポーターの喜びが地鳴りとなり揺れていた感触と呆然と立ち尽くし、ピッチを見ていた自分を思い出す。

そんな事より、誰もが知ってる崎陽軒のシュウマイは赤い袋だよね。
その崎陽軒のシュウマイに白い包装の特製があるのは知っているだろうか?
今回、その特製シウマイをホームでビールと共に購入し、700系のぞみでいただいた!

赤と白の違いは、素材らしい。
白はオホーツク海で育った帆立貝柱と厳選された国産豚肉を、塩、胡椒、砂糖のみで味付けし、と書いてある。

実際、シウマイ自体がぷりぷりしていて、中華街で食べる焼売のようである。

醤油さしも陶器製で赤とは全く別格である印象を残す。
さすが、崎陽軒って感じである。

20090211

店名:崎陽軒
注文品:特製シウマイ(6ヶ680円)
場所:新横浜駅新幹線ホーム
製造場所:横浜市都筑区川向町675-1
電話:045-472-5611
評価:7

【武蔵新城】白みそタンタン

【武蔵新城】白みそタンタン
ハンドボールの川崎大会で久々にフル出場キーパーをやって、ランチに。
最近、たまに来る新のすけへ。

週替わりはみそで今日は白みそらしい。前回は醤油だったのでちょうど良いかな?
辛さは赤地獄ってのを忘れて、10辛にした。当然タンタンメンは一味唐辛子で埋め尽されていた。
前回の醤油より辛さは際だたないが、味はこっちの方がいい。
冷静に考えて前回の評価が高すぎたかもしれないが、やみつき系の味である事に間違いはない!

20090207

店名:麺や 新のすけ
注文品:特製タンタンメン白みそ10辛(700→650円)
場所:川崎市中原区上新城2-2-10
電話:044-751-3355
営業:1130-2415 日1130-2315
休み:無休
麺:太麺
トッピング:とき玉子、ザーサイ、挽き肉、ねぎ、背脂、にんにく、唐辛子、一味唐辛子
評価:6

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »