2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »

2010年3月14日 - 2010年3月20日

【秋田】だまこもち

【秋田】だまこもち
【秋田】だまこもち
朝4時過ぎに起きて、6時の新幹線に乗るために東京駅に原チャで向う。
普通なら飛行機で行く秋田も、この三連休はJRの三連休パスが安い!
片道15000円位する切符が、東日本管内乗り放題である。函館まで行けちゃう!
行かないけど・・・

で、秋田まで4時間23分。遠い・・・特に盛岡から先が長い
で、朝の5時台は、さすがに東京駅も開いてる店が少なく。サンドイッチ。

秋田に着いて、ICキーの取付をしながら、見学会のサポート。
昼飯を食べる暇もなく、14時になり、近くのヨーカドーに入っている惣菜屋で面白い物を見つけた!

「だまこもち」250円→180円
中身はだまこ汁である。
小さいながらも、だまこ(きりたんぽの丸くちっちゃいやつ)3個、まいたけ、せり、ねぎ、糸こん、ごぼう、そして比内地鶏!!
正しく「ミニきりたんぽ鍋」である。
ちょっと興奮気味になったが、かなり旨い、そして安い!

思わず、帰りの新幹線でビールと焼きそばと一緒にもう一杯行ってしまった。

コストパフォーマンス抜群だね!

20100320

店名:横田屋
注文品:だまこもち(180円)
場所:秋田市中通2-8-1 イトーヨーカドー地下
電話:018-832-3738
営業:
休み:
トッピング:だまこ、まいたけ、せり、糸こん、ねぎ、比内地鶏、ごぼう
評価:7

【秋田】ラーメン

【秋田】ラーメン
【秋田】ラーメン
【秋田】ラーメン
【秋田】ラーメン
【秋田】ラーメン
松山〜高松そして、ある意味東京経由で秋田に入る。
秋田の現場でicキーの施工である。
完成間近で大混乱のマンション建築現場に一人入って行く。
内装屋さんや大工さん、電気屋さん、建具屋さんと言ったその道のプロの中に鍵屋として入るのである。

皆が帰ってからが一番仕事が捗るのはどの仕事も同じらしく、18〜20時の間に一気に作業を進める事が出来た。

さすがホテルに入って外に食べに行くには開いてるお店も少ないので、ケンミンショーでやってた「末廣ラーメン本舗」入ってみる。
秋田市民のソールフードにもなっているらしいが、元は京都の新福菜館。
その味をそのまま受け継いでるらしい。
京都の新福菜館を名乗るなら食べないとイケないのがやきめし!
あの真っ黒なやきめしも受け継がれているのかどうか、並セットと瓶ビールを注文。

瓶ビールを飲みながら待つのも、京都ではよくやっていた。
思い出すなぁ〜

で、出てきたラーメンは、確かに新福菜館と同じようなスープにスライスチャーシュー。
麺は中太ストレート麺で味わいがかなり似てる。
さすがである。
多分、秋田に居たら通うだろう懐かしい味である。
やきめしはと言うと、見た目は似てるが、調理が・・・。
まず、脂っぽくダメ。何かが足りないと思いながら食べて気がついたのが、ナルトみじん切りが入ってない事かも知れない。
向こうには入っていた気がする。

並ラーメンと半やきめしのセットだが、新福菜館同様、小ラーメンも作って欲しいなぁ〜

20100315

店名:末廣ラーメン本舗 秋田駅前店
注文品:並セット(980円)
場所:秋田市中通4-15-1
電話:018-825-1118
営業:24時間
休み:年中無休
麺:中太ストレート麺
トッピング:チャーシュー、ねぎ入れ放題
評価:5.5

【愛媛】じゃこカツ

【愛媛】じゃこカツ
【愛媛】じゃこカツ
前の日は松山着いて、すぐに寝てしまい。

朝は目的の鯛めし、パン共に日曜で休み。
仕方なく、現場近くでパンをかじり、昼はオール電化の四国電力のブースでうどんを2杯ごちそうになる。
仕事を早めに切り上げ、高松に引き返す。
松山から最初のSAである石鎚山で何か目新しいモノをと物色し、見て歩くと結局「じゃこカツ」に行き当たる。

宇和島名産のじゃこ天を衣をつけてあげたものがじゃこカツ。
ここのは、それに玉ねぎや人参を入れてオリジナリティを出しているが、個人的には普通のじゃこ天を揚げたじゃこカツの方が好きかな?


20100314

店名:石鎚山SA売店
注文品:じゃこカツ(180円)
場所:愛媛県西条市愛媛道石鎚山SA上り売店
電話:
評価:4.5

« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »