2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

焼肉

【高岡】松阪ホルモン

【高岡】松阪ホルモン


福井で打ち合わせを終え、余裕を持って敦賀に向かうと、何と北陸道が事故で通行止めになっている!
武生から敦賀まで8号線で行く事になるが当然全ての車が流れて来るから渋滞になり、敦賀に着いたのは予定時刻になった!
余裕持ってよかったよ。

敦賀から福井に戻る北陸道は通常に戻っていたが、雨がひどくなってた。
福井で打ち合わせが終わったのが18時。
そこから宿の金沢に入るのだが、気持ちは高岡に!

そう、脇田屋の支店がある。
松阪牛のホルモンをもう一度食べたい!
ビールが飲めなくてもガマンする気持ちもまさり、雨の北陸道を北上する!

店は高岡で良く朝御飯を食べに行く市場の近く。
福井を出る前に、営業確認と一人入れるか確認しておいた。
すると、入るなり。
「何名様ですか?」
「一人です」
「あぁ、お電話ありがとうございます。こちらです。」
と案内され、予約席とテーブルに置かれ、
「わざわざありがとうございます」って

電話で行くとも何とも言ってなかったのに、ここまで用意されてるとは思わなかったので、嬉しい誤算である。

ビールを飲みたかったが、さすがに我慢して、定番のホルモン込み2人前とライス中とキャベツ盛りを注文した。
すると、店員が、
「もし、よろしければ、こちらのランチにしませんか?」と
通常、土日祝限定のランチで、それも20時なのに、11〜17時だけのメニューを特別に出してくれた!
嬉しいね〜!
【高岡】松阪ホルモン

この1980円のランチ、通常ホルモン込み650円、カルビ465円、タン345円、豚バラ265円、ライス大盛300円、味噌汁250円、キムチ100円、ウーロン茶200円、ソフトクリーム200円
のメニューだから2,775円分!
約3割引きだからね〜

特製の味噌だれに漬け込まれたホルモンを七輪にのせて焼く。【高岡】松阪ホルモン
煙が上がり、味噌だれが炭に落ちて、焼かれた味噌の香りが漂い、食欲がどんどん増す!

焼けたらすぐさま、白いご飯の上に乗せて食べる!【高岡】松阪ホルモン
たまらん!!
この旨さ!
ご飯に付いた味噌だけでもご飯が食べられる!

松阪牛のホルモンだけでなく、見るからに良い肉だな!と一目で判るのがカルビ!【高岡】松阪ホルモン
色ツヤともに、素晴らしい!
当然、食べると口の中でとけるのが判る!

【高岡】松阪ホルモン

箸休めのキムチは、浅漬けキムチで、ビールが欲しくなる。

豚バラは、七輪から炎が上がる位の脂がバラをカリカリにしてくれる!

残念だったのはタンだけ。タンは切れ目さえ入れてくれればもっと美味しいと思った。

食べ終わった後のソフトクリームで口直し。

いやぁ〜完璧だね!
久しぶりだよ、こんなに美味い焼肉を食べたのは。

1週間日持ちするとの事で、帰りにホルモン込み2人前を買って帰ってしまった。

週末食べるか!
七輪が家にもあればな〜

20101213

店名:脇田屋高岡店
注文品:土日ランチ(1,980円)
場所:高岡市佐野1309-2
電話:0766-26-1129
営業:1700-2400 土1100-2400日1100-2300
休み:火曜
セットメニュー:ホルモン込み100g、カルビ半人前50g、タン半人前50g、豚バラ半人前50g、ライス、味噌汁、キムチ、ドリンク、ソフトクリーム
評価:9

【十和田】馬肉バラ焼き

【十和田】馬肉バラ焼き
朝一に青森市内で打ち合わせをして、すぐに、十和田に向う。
飛行機の都合もあり、昼をまたぐ打ち合わせをして、担当者と食事に行く。
十和田は馬肉の街で、熊本や会津若松の影に隠れているがかなり美味しい馬肉が食べられる。
そんな中、最近は「十和田バラ焼き」として、B級グルメの祭典に出展するほど、町おこしに躍起になっているイチオシ食材があるらしい。

青森だと、昨日たべた「黒石つゆ焼きそば」の他に「青森おでん」「八戸せんべい汁」がメジャーだが、そこに参戦していく感じである。

ただ、来た店は馬肉専門店。以前ご馳走になった桜鍋がめちゃめちゃ美味かったお店。
普通のバラ焼きは牛らしいがここのは、馬肉のバラ!【十和田】馬肉バラ焼き

鉄板に玉ねぎと味付けされた馬肉バラ肉が置かれ、コンロに火が付けられる。
卓上で炒めながら出来上がりを楽しむ。【十和田】馬肉バラ焼き

焼き上がったバラ肉と甘くなった玉ねぎを口に運ぶと、上手さでうなってしまう!
更に、お店特性の辛子もろみをつけると、更に倍!
このもろみだけ買って帰りたい位!
【十和田】馬肉バラ焼き

ご飯に乗せて食べると、ご飯もどんどん進んでいく!
馬肉料理で1050円はかなり安いんじゃないかな?

これで安心して東京に帰れる・・・
20091106

店名:馬肉料理 吉兆
注文品:馬肉バラ焼定食(1050円)
場所:十和田市西三番町15-4
電話:0176-24-9711
営業:1100-1400 1700-2200
休み:日曜
トッピング:玉ねぎ
評価:7

【郡山】ちりとり鍋

【郡山】ちりとり鍋
仙台からスタートしたツアーも何とか終了。

仙台→新潟→那須塩原→郡山と一日で640㎞も走破した!

疲れたので食事はホテルの地下にある居酒屋に。
たまたま、サワー類全品100円と言うので緑茶ハイで通す事にした。

もつ屋には珍しく「ちりとり鍋」があり、その上、1人前630円とかなりお徳。
「豚味噌ホルモン」と「ザクッときゅうり」で晩酌準備完了である!【郡山】ちりとり鍋
ちりとり鍋とホルモンを焼きながらきゅうりをつまむ。【郡山】ちりとり鍋【郡山】ちりとり鍋
100円の緑茶ハイは、コンビニでビールを買うより安く、気にせずお代わり出来る。【郡山】ちりとり鍋【郡山】ちりとり鍋【郡山】ちりとり鍋
ちりとり鍋をつまんで、〆にチャーハンにしょうかと思ったが、メニューには、追加セットがない。
目についたのが、もつ鍋のぞうすいセット294円。【郡山】ちりとり鍋【郡山】ちりとり鍋

店のメニューにないモノを自分で作る快感はないね。
って言うより、この店、ちりとり鍋の食べ方を知らないんだな〜って感じ。

まぁ、安いからいいか。

20091015

店名:もつ源 郡山駅前プリシード店
注文品:ザクッときゅうり(339円)豚味噌ホルモン焼き(441円)鶏ちり鍋(630円)
場所:郡山市中町12-2 ホテルプリシード郡山B1
電話:024-925-0141
営業:1600-2400
休み:なし
トッピング:鶏肉、もやし、玉ねぎ、ニラ、人参、レタス
評価:6

【帯広】ジンギスカン&ホルモン

【帯広】ジンギスカン&ホルモン
帯広に来て、この店に行かない事が、自分自身の後悔に繋がる位、個人的にはまっているお店が「有楽町」
北海道に数あるジンギスカン専門店の中でも、味、コスト共にNo.1だと思う。

今回も、2人で、ジンギスカン5人前、ホルモン2人前+うどんや飲んで3,850円ってありえないぐらい安い!当然、店はいつも満席で、入った時たまたま空いていて座れたが、その2分遅かったら座れなかった。【帯広】ジンギスカン&ホルモン【帯広】ジンギスカン&ホルモン【帯広】ジンギスカン&ホルモン

帯広のジンギスカンは漬けタイプ。生ジンギスカンだが漬けである。
札幌が生ジンギスカンで素材そのままに対してまったく違う文化のような感じもする。

【帯広】ジンギスカン&ホルモン
ただ、いろんなお店の漬けはあるが、ここまでイケテル漬けジンギスカンはないと思う。 【帯広】ジンギスカン&ホルモン

一口一口、口に運ぶたびに唸ってしまう満足の夕食だった。

20090916

店名:有楽町
注文品:成吉思汗(346円)ホルモン(294円)
場所:帯広市西23条南1丁目39
電話:0155-37-2805
営業:1100-2100
休み:火曜
評価:8

【帯広】焼肉

【帯広】焼肉
久しぶりに連続6日間の出張ツアーが始まった。
今回は、北海道と静岡と富山。

そのスタートとして、千歳空港からレンタカーで帯広に入る。
午後に会社を出て、帯広着いたのが1930。
そのままホテルへチェックインして、会社の人にとにかく薦められた焼肉屋「あんじゅ」に行ってみる。

焼肉屋と思って行って見ると、入り口で靴を脱ぎ、各小上がりがある座敷のようなスペースでかなり席数があってびっくりした。

【帯広】焼肉

サガリやカルビ、ホルモン、ジンギスカンがすでに注文されており、後は焼くだけの体勢になっていた。
サガリやカルビはサンチュに巻いて食べ、ホルモンやジンギスカンはそのままつまむ。

特に、他の店と違ったのがうす切りされたジンギスカンが意外に美味しかった。

【帯広】焼肉

〆はおすすめどおりのチヂミを頂く、ふんわりした食感にごま油の風味がよく、良いごま油を使っている感じがした。
大阪で食べるチヂミとは違う美味しさを感じられたお店であった。 【帯広】焼肉

20090915

店名:あんじゅ
注文品:上ジンギスカン(500円)サガリ(780円)チヂミ(680円)
場所:帯広市大通南9丁目15
電話:0155-26-5464
営業:1700-2800日1700-2400
休み:月曜
トッピング:
評価:6

【盛岡】焼肉冷麺

【盛岡】焼肉冷麺
何となく久々の東北ツアー。
盛岡と福島、米沢を廻るたび。

まず、盛岡に入ると雨、それもザーザー降り。
トレン太君でレンタカーを借りて、ランチに向かう。
矢巾に行く途中の冷麺を食べさせてくれる所で選んだのが、じゃん。

たまたま、冷麺フェアをやっていて、普段750円の冷麺がなんと300円!
7月6日〜12日までらしいが、かなりお徳だ!

せっかくなので、ワンコインのホルモンを追加して頂く。

冷麺は、激辛にしたが、ここの辛味調整はペースト、溶かして食べる。【盛岡】焼肉冷麺
が、そんなに辛くはない。麺は太めだか、スープとの相性もよく、300円でこの味はお徳以外の何物でもない。

【盛岡】焼肉冷麺
ホルモンもプリプリしていてうまかった!【盛岡】焼肉冷麺
コストパフォーマンスが高いランチになった。

20090708

店名:焼肉ダイニング じゃん
注文品:冷麺(780→300円)牛ホルモン(500円)
場所:盛岡市津志田南3-6-65
電話:019-637-3588
営業:11-23
休み:無休
麺:冷麺
トッピング:すいか、きゅうり、キムチ、たまご、チャーシュー
評価:6.5

【米沢】米沢牛

【米沢】米沢牛
米沢に来て、米沢牛を食べないのは寂しいので、ギアラを注文してみる。
ギアラは、牛の第4胃でいい牛のホルモンの美味しさは松阪の脇田屋で経験してるので、期待大である。

ギアラにはもみだれで味付けされており、焼いていても炭火とたれが炭に落ちた香りが入り混じり、よだれが出てきそうになる。
そこをビールで飲み込んで焼きあがるのを待つ。

焼きあがったギアラはプリプリとしていて口の中で辛味だれの味と一緒に広がる。

脇田屋のレベルが高いのかもしれないが、味噌だれのほうが牛ホルモンはあうような気がする。

でも、これで、米沢名物制覇である。

20090408

店名:てんま
注文品:米沢牛ギアラ(780円)
場所:山形県米沢市中央1丁目4-3
電話:0238-24-4989
営業:17:00〜23:00
休み:なし
評価:5.5

【米沢】ホルモン

【米沢】ホルモン
福島の現場撮影を6時過ぎに終え、すぐさま米沢へ移動。
今回の東北巡業はレンタカーで動くのでまた、1000キロ走るかも?

米沢で前回入った元気が出る焼肉屋「てんま」に入って夕食。
名物でもある「天元豚シロと天元豚サガリ」をまずはビールと共に頂く。
天元豚はいわゆる無農薬豚。丁寧に育てた豚のシロは、本当に白い!
そのシロさを堪能しながら、たれをつけて食べる。
薄いながらも歯ごたえがあり、なかなかのものである。ちょっと焦がして食べると、これがまたうまい!
やっぱり、シロはカリカリ感があったほうが好きなことを認識した。

サガリはサービスのサンチェを巻いて食べてみる。
サンチェを巻いて食べるより、そのまま食べたほうが美味しいのも判るが、野菜を採らないといけないという認識が体のどこかにあるらしい。

天元豚のホルモンを美味しく、安く食べさせてくれるのがうれしいね。

20090408

店名:てんま
注文品:天元豚シロ(480円)天元豚サガリ(580円)
場所:山形県米沢市中央1丁目4-3
電話:0238-24-4989
営業:17:00〜23:00
休み:なし
評価:6.5

【長野白馬】焼肉

【長野白馬】焼肉
1年ぶりのスキーをしに、また白馬に来ました。

前回はイタリアンでしたが、今回は焼肉!
スキーヤ〜が集う店らしく、常に満席で賑わっているお店で、中目黒に支店があるらしい。

焼肉は上ハラミで900円しない。
山奥のこんな場所だから出せる値段だと思う。
肉質もよく、東京で食べたらかなり高い気がする(後で中目黒店のメニューを見てびっくり!上ハラミ小皿1,800円!だって!)
炭火で普通にうまいうまいとホルモンや豚トロなどと一緒にガツガツ食べながらビールを飲む!

運転した後のビールがまたうまい!

6人で焼肉とビールとご飯を食べて14,000円を切るって安いよね!
人気があって当たり前だね!

20090228

店名:炭火焼肉 深山 白馬本店
注文品:上ハラミ(892円)
場所:長野県北安曇郡白馬村北城5612-3
電話:0261-72-6309
営業:1700-2300
休み:月曜日
評価:7

【気仙沼】気仙沼ホルモン

【気仙沼】気仙沼ホルモン
東京から郡山→盛岡と移動し、当日中に気仙沼に入る。
最近気仙沼では、ふかひれだけでなく、ホルモンが注目されている。
「気仙沼ホルモン」とは・・・
3つの要素があります。まず第1に、生の豚ホルモンであること。第2に、味付けが味噌にんにくベースであること。そして第3に、千切りキャベツにウスターソースをからめて食べること。基本はこの3つをもって“気仙沼ホルモン”いうらしい。
気仙沼では、ホルモンは食べ方とおいしさが分からず、食べられてはいなかったようですが、約50年前、市内の精肉店の社長が韓国の人から味付けを教わったものが気仙沼ホルモンの味の基本となり、現在の味噌にんにくの味付けになったそうです。
そんな気仙沼ホルモンをつまみにしに、行ったのが「ホルモン道場」。

唐辛子味噌にんにくに漬けられたホルモンを、炭火の七輪で焼く。
サービスでレバーが3枚ついてきた。
ボリュームもありビールにも会う。ただ、にんにくが強すぎて、明日の仕事が不安になってしまう。週末に食べるのがベストみたい。

20090203

店名:ホルモン道場
注文品:ホルモン(450円)
場所:宮城県気仙沼市弁天町1-2-7
電話:0226-22-0830
営業:16:30〜21:30
休み:日
評価:4.0