2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やきそば

【神戸三宮】そばめし

【神戸三宮】そばめし
北新地の夜は長く、0時過ぎまで付き合ってしまった。
おかげで、朝はつらく、ご飯を食べる暇なく阪神電車に乗って青木に行く。
青木での打ち合わせ終了後、三宮に移動して、セミナー前のランチ。
三宮に来たら、いつも行く「かつ丼 吉兵衛」が水曜定休で残念ながら行けない。
さんちかからさんプラザに移動して、飲食街に入る。
そんな中で、「神戸そばめし」を出している店があったので入ってみる。

日替わりのそばめしは豚で、それにトッピングでぼっかけをプラスする。
そばも普通と太麺をチョイスできる。
【神戸三宮】そばめし
焼きそばとチャーハンの合いの子であるそばめしは、ソース味。
ぼっかけの牛すじを混ぜて食べるがちょっと薄め。
そこにお好みで、甘口ソース・辛口ソース・激辛ソースを選択して、ダブルソースにする。【神戸三宮】そばめし

ご飯の炒め具合がパラパラにはならないが、そばがバラバラになるので同じような感じである。
長田に行かなくても、食べられるのはいいね。

20090805

店名:長田タンク筋
注文品:日替わりそばめし豚(680円+ぼっかけ100円)
場所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんぷらざB1-20
電話:078-962-6868
営業:1130-2000
休み:不定休
トッピング:ぼっかけ、そば、めし
評価:6.5

【青森】つゆ焼きそば

【青森】つゆ焼きそば
青森に行く度に狙っていてなかなか食べる事が出来ていない「黒石焼きそば」
三度目の正直と青森市内の妙光に行ってみた。

プレハブ造りの小さな店だが、青森市内で唯一食べられる本番黒石の「つゆ焼きそば」の店である。

黒石焼きそばとつゆやきそばとあるが、違いは良く判らない。
まぁ、目的はつゆ焼きそばなので、ごはん付きのセットにしてみる。

つゆ焼きそばは、そばどんぶりに本当にそばの様に出てくるが、匂いはソースそのものである。
太めのストレート平麺に、キャベツ・玉ねぎ・もやし・豚肉・あげだま・ねぎ・ニンジン・ピーマンと焼きそばの具が乗っている。
口に運ぶと間違いなく、焼きそばの味である。
ソース味の汁も以外に問題ない。
セットのご飯が意外と進む。

つゆ焼きそば、ありかもしれない!

20090311

店名:妙光 二号店
注文品:つゆやきそばセット(700円)
場所:青森市中佃3-4-7
電話:017-743-3993
営業:1100-1500 1630-1930
休み:
麺:平麺
トッピング:キャベツ・玉ねぎ・もやし・豚肉・あげだま・ねぎ・ニンジン・ピーマン
評価:6.5

http://itp.ne.jp/servlet/jp.ne.itp.sear.SBSSVMap?acid=izen&Z20=&uid=NULLGWDOCOMO&m=f&i=KN0208052400000161&mpn=40.48.58.222&mpe=140.47.13.955&lvl=4000&svc=4901&clk=103&wq=

【青森】つゆ焼きそば

【青森】つゆ焼きそば


青森に行く度に狙っていてなかなか食べる事が出来ていない「黒石焼きそば」
三度目の正直と青森市内の「妙光」に行ってみた。

プレハブ造りの小さな店だが、黒石やきそばを青森市内で唯一提供してくれる店である。

焼きそばとご飯は邪道だと思っているが、つゆやきそばには、ご飯が合いそうなイメージを持ったのでセットにする。

【青森】つゆ焼きそば
出てきたつゆやきそばは、ソースの香りが漂い、匂いは焼きそばである。
しかし、丼にはつゆがたっぷり。
おそるおそる口に運ぶと、「イケル!」
【青森】つゆ焼きそば
焼きそばだけど、ちょっと違う。
食べ続ければ続ける程、焼きそば味だ!
家で作ってみようっと。

20090311

店名:妙光 二号店
注文品:つゆやきそばセット(700円)
場所:青森県青森市中佃3-4-7
電話:017-743-3993
営業:11:00〜15:00、16:30〜19:30
休み:不定休
麺:平麺
トッピング:キャベツ・玉ねぎ・もやし・豚肉・あげだま・ねぎ・ニンジン・ピーマン
評価:6.5

【横浜鴨居】やきそば

【横浜鴨居】やきそば
5年ぶりと言えば当たり前の事だが、免許の更新の為、半休を取って二俣川の免許センターで違反講習を2時間みっちり受けて、雪混じりの横浜を最新のIC免許証を持って移動する。
道路交通法の改定により、普通免許証が中型免許証になっても今まで通り8トン車までしか運転出来ないのだから、意味があるのかどうかが問題の気がする。

午後からの打ち合わせに最も近いららぽーと横浜で、ランチを取る。
ららぽーと横浜のフードコートは他とは一味違い、最初に集合レジで各店のメニューの中から注文購入して席に着いて待つシステム。
和洋中伊なんでもあるレストランの中から、横浜中華街にある梅蘭のやきそばをチョイスする。
10〜20年前は中華街で梅蘭新館で食べていたやきそばが、こんなフードコートで食べられるだけで画期的だと思う。
最近では、渋谷に支店が出来たのに驚いていたが、六本木ヒルズ、ゲートシティ大崎、イーアスつくばとどんどん店舗が増えている!
梅蘭やきそばは、炒麺の中に餡が入っている特殊な焼きそばで、卵コーティングされているのも見逃せない。
焼かれたそば面に箸をブスリと刺して箸で割ると、玉ねぎ、もやし、ニラ、豚肉の餡がトロリと出てくる。
それを一緒に口に運ぶ。
麺のパリパリ感と餡のトロミが口のなかでフュージョンする。
本店より、脂っこさはあったが、中華街に行かずに食べる事が出来るのは嬉しいね!

20090227

店名:梅蘭 ららぽーと横浜店
注文品:梅蘭やきそば(900円)
場所:横浜市都筑区池辺町4035-1
電話:045-414-1928
営業:1100-2200
休み:ららぽーと横浜店に準ずる
麺:細麺
トッピング:玉ねぎ、もやし、ニラ、豚肉の餡
評価:7