2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

岐阜

【岐阜可児】うなぎ

【岐阜可児】うなぎ
金沢から、260㎞。東海北陸自動車道の片側1車線でイライラしながら、岐阜に入り、名古屋に宿泊した前日。
名古屋の朝は豪雨でスタート!
岐阜の可児に移動して、打ち合わせをして、満を持してランチ。
ここに来るとほとんどの確率でうなぎである。

関西風の腹開きで蒸さないうなぎは、皮がパリパリする。【岐阜可児】うなぎ
身はふわふわと柔らかく、タレとの絡み具合が良いね。
丼には鰻が二段になっており、底の方を突っつくのが楽しくなってくるね。【岐阜可児】うなぎ

20090717

店名:料亭うなぎ 康生
注文品:上うなぎ丼(2950円)
場所:岐阜県可児市広見802-1
電話:0574-62-0061
営業:1100-1400 1700-2030
休み:月曜
トッピング:肝吸い、お新香、小鉢
評価:6

【岐阜瑞浪】台湾らーめん

【岐阜瑞浪】台湾らーめん
二週連続で岐阜の瑞浪に来る事になった。
ちなみに、瑞浪ってどこか判らない人の為に、イメージしてもらいやすいのが、中央道を長野から名古屋に向かって入って、恵那、中津川の先って感じ。
名古屋から行くと多治見の次の次って位置。
判るかな?

前日の試験後、瑞浪に移動したのだが、10時を過ぎるとまったく開いているお店がなく、食べ物を探しにうろついたが結局コンビニでビールと今朝のスナックチョコパンを買っておしまい。
やっとありつける食事である。

前回と同じ店では芸がないので、違う店に来てみた。総本家しなとらって、何となくチェーン店ぽい作り、今流行りのフードコーディネーター系の店がまえ、メニュー構成である。
メインはしなとらラーメンらしいが、味噌、醤油、塩、とんこつ、キムチと何でもござれである。
そんな中、どうせならと台湾らーめんをチョイス。
この店は辛さの調整はしてくれないみたいだが、テーブルのヤンニンジャンで辛くしてってある。

出てきた台湾らーめんは、あっさりスープの中に酸味が混ざった辛さ。プラス、スープの油膜で熱い!
すみれ系の熱さである。

ちぢれ麺に油が絡み麺を食べるだけで熱い。
ランチサービスで付いて来た高菜ごはんが熱いスープにあって良く進む。
ヤンニンジャンを全て入れたがそんなに辛くなくまぁまぁかな?
前回の来らいの方が美味しいね。
どちらも、わざわざ行く店ではないが・・・
参考までに。

20090219

店名:総本家 しなとら 一色店
注文品:台湾らーめん(650円)
場所:岐阜県瑞浪市一色町5-12-1
電話:0572-67-0950
営業:1100-2400 土曜1100-2600
休み:
麺:ちぢれ麺
トッピング:ニラ、辛味ひき肉
評価:4

【岐阜瑞浪】台湾ラーメン

【岐阜瑞浪】台湾ラーメン
岐阜の朝ごはんは名古屋駅のあんぱんやで購入したクリームチーズパンだったので、カメラと三脚を担いで午前中動き回ると結構お腹がすく。
現場のすぐそばに「台湾ラーメン」の看板が見え、気になって仕方がなかった。
ランチは満場一致で台湾ラーメンへ。
店はテーブル3つとL字のカウンターで台湾ラーメンは、醤油・みそ・塩の3種類から選べる。また、辛さも1〜13段階あると言う。
上司二人が、普通の台湾ラーメン醤油を注文。
こっちはみその13辛を頼むと、店員に驚かれ、店のお客にも小声で「13辛だって!」と驚かれ。
そのお客が店のマスターらしき人に「13辛って、食べる人居るの?」って聞いていた。マスターは「今まで2人くらいかな〜」と言ってるし。
こっちはたいしたことないと踏んでいるのだが。

先に、普通の台湾ラーメンが出て来たが見た目薄醤油のスープにしか見えず、こっちとしたら、「そんなの台湾ラーメンじゃないよ!」って心のなかで言っていた。

台湾ラーメンみそ13辛は、見た目、味仙の台湾ラーメン。ニラとねぎと辛味挽き肉。
麺はちぢれ麺でスープに絡む。辛さも、味仙よりちょっと辛いぐらい。
13辛でこれなら、50辛まで大丈夫だなぁって思った。
普通の台湾ラーメンはイマイチだったらしいが、13辛のみそは満足出来た。
今度来る機会があれば、20とか30って頼んでみようかな〜

20090212

店名:台湾ラーメン らい来
注文品:台湾ラーメンみそ13辛(630円)
場所:岐阜県瑞浪市小田町1009-3
電話:0572-67-0283
営業:1130-1400 1730-2100
休み:水曜、第4木曜
麺:ちぢれ麺
トッピング:ニラ、もやし、ねぎ、挽き肉
評価:6.5