2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

どんぶり

【帯広】ラーメン&豚丼

【帯広】ラーメン&豚丼
午前中の打ち合わせを終え、ランチにする。
豚丼か帯広にしかないカレー屋インディアンカレーの案が出たが、結局、ラーメン屋に行く。

最近出来たラーメン屋らしく、キレイな店舗である。

メニューにミニセットがあり、豚丼を選ぶこともできるので、炙り味噌ラーメンとのセットを注文。
炙り味噌ラーメンも豚丼もハーフの割にはボリュームがある。【帯広】ラーメン&豚丼【帯広】ラーメン&豚丼
ラーメンは、札幌のちぢれ麺。ひき肉と玉ねぎ、もやしを炒めたものがスープベースに入っている。
炙りチャーシューの香りがスープと絡んで香ばしくなっている。

豚丼は、残念なことに、チャーシューを使った豚丼。
チャーシュー丼で出してくればがっかりはしなかったが、かなりがっかり。まぁ、チャーシュー丼だったら、注文しなかったが・・・
【帯広】ラーメン&豚丼

全体的には美味しいが、帯広来てわざわざ来る店でもないかな?

20090916

店名:ダイニングらーめん たね屋
注文品:炙り味噌+たね家豚丼(830円)
場所:帯広市西17条南3丁目22-15 キロコハイツ1F
電話:0155-35-8852
営業:1100-1500 1700-2200土日1100-2200
休み:無休
麺:札幌小林製麺
トッピング:玉子、ねぎ、もやし、玉ねぎ、チャーシュー、ひき肉
評価:4

【三崎口】まぐろ

【三崎口】まぐろ
お盆休みに海水浴とまぐろを求めて三浦半島に向かう。
お盆で道路が空いている事を期待して行ったが、高速を降りたところから大渋滞。
やっぱり甘かった〜

海水浴場も混雑していて、2時間で退散。
もう一つの目的、マグロを食べに行く。

14時を回り、空いているかと思ったら満席で、どのテーブルにも、品物が出ていない。
店の人に、時間が掛かりますが良いですか?と聞かれ、まぁ20分位だろうと思い、OKを伝える。

が!
まさかまさかの展開で、待つこと1時間。
本当にようやく出て来た。
まぐろ丼も良いのだが、せっかくならと、店の名前が付いている「ぢんげるボール」にする。【三崎口】まぐろ

まぐろのミートボールらしきぢんげるボールは、ご飯の上にレタスを敷いて3つ乗っている。【三崎口】まぐろ
タレっぽいのはかかってないので、大丈夫かな?って思っていたら、食べてびっくり。
かなり濃厚な味で、ご飯とレタスでさっぱりさせてくれる。
まぐろの旨味が凝縮されている感じ。【三崎口】まぐろ

意外な旨味に感心しつつ、待ち時間の解消が必要だなぁと思った。

20090813

店名:ぢんげる
注文品:逸品丼ぢんげるボール(1000円)
場所:三浦市南下浦町金田1618-8
電話:046-882-0372
営業:1100-2000
休み:月曜
トッピング:レタス
評価:6.5

【会津若松】ソースカツ丼

【会津若松】ソースカツ丼
関西から東北に飛び、郡山でセミナーを終え、今日は朝から雨の会津若松へ。
午前中下見をして、午後の工事立ち会いに向けて、腹ごしらえ。

前回「むらい」のソースカツ丼で衝撃を受けたが、今回、別の店で勝負してみた。

カウンター6席だけの小さな町食堂。
かつどんを注文してから揚げ上がるまで20分ほど待たないと行けない。
その間出前の電話がひっきりなしに鳴っている。

ようやく出てきたかつどんソースは、やはり肉厚があり、ソースは甘め。【会津若松】ソースカツ丼【会津若松】ソースカツ丼
肉は柔らかく食べやすいが、白身脂がちょっと硬いのでヒレの方が美味しいかも?

敷かれたキャベツの下のご飯まで少し油っぽくなっていたので、ちょっと重かった。【会津若松】ソースカツ丼【会津若松】ソースカツ丼
でも、なめこ汁とキュウリの漬物で大分助かったね!

20090807

店名:いとう食堂
注文品:かつどんソース(1000円)
場所:会津若松市本町5-10
電話:0242-28-1839
営業:1130-1400
休み:木曜
トッピング:キャベツの千切り、なめこ汁、きゅうり漬け
評価:5.5

【法善寺横丁】かつ丼

【法善寺横丁】かつ丼
昨日の疲れもあり、大阪での朝は、ホテルで資料造り、モントレ大阪、リーガロイヤルと超高級ホテルの連泊は、気分がいい。

朝のご飯を我慢して、ブランチでなんばの喝鈍に向かう。
朝からカツ丼で考えると思いかも知れないが、ランチのカツ丼であれば、力が出る。
35度になる外の気温に負けない為にも良いね。

お気に入りのかつどんは少し値上がりしていて600円になっていた。昔は500円だったから、格安ではなくなったが、別皿に出てくるカツ丼は、また格別である。
【法善寺横丁】かつ丼【法善寺横丁】かつ丼
最初はつまみながら、後から乗せてカツ丼にする二段構え。
たくあんが食べ放題なので、箸休めに困らない。【法善寺横丁】かつ丼【法善寺横丁】かつ丼
今日のご飯としてはナイスチョイスだったよ!

20090804

店名:喝鈍 法善寺横丁店
注文品:かつどん(600円)
場所:大阪市中央区難波1-1-18
電話:06-6213-7585
営業:1100-2100
休み:火曜
トッピング:玉ねぎ、ねぎ、玉子、たくあん・梅干し食べ放題
評価:7

【仙台】かき

【仙台】かき
昨日までは東海地方、今日からは東北地方に。
朝の東京駅で偶然にもポケモン新幹線をホームで目撃!
多くの人が携帯で撮影していた。

仙台に入り、久々にかきを食べに、ランチは「かき徳」。
かきフライランチ800円、かき丼900円とランチはお手頃である。【仙台】かき
選んだのは、あぶりかき玉丼900円。
あぶったかきを卵でとじた丼。
【仙台】かき
香ばしいかきが10個近く入っていて、かき丼にはカキフライが5個しか入ってないのに比べて、かなりお徳な感じがする。
ただ、食べれば食べる程、周りのカキフライが美味しそうに見えて仕方がない!【仙台】かき
決定的だったのが近くで食べてる、かき丼の大盛り。
300円増しだか、次はあれにしたいと思ってしまった・・・

20090729

店名:仙台かき徳
注文品:あぶりかき玉丼(900円)
場所:仙台市青葉区一番町4-9-1
電話:022-222-0785
営業:1130-1430 1700-2200 土祝1130-2200 日1130-2100
休み:月曜
トッピング:みそ汁、お新香
評価:6

【湖西・豊橋】立ち食いうなぎ?

【湖西・豊橋】立ち食いうなぎ?
今週からまた、出張続きである。

まずは、浜松を軸に、豊橋と袋井へ。
浜松からレンタカーを借りて、豊橋に向かう。静岡と愛知の県境にある新所原駅に立ち食いのうなぎ屋があるとの情報を得て、向かってみる。

新所原はJRと天浜線の二つの鉄道会社が乗り入れしており、天浜線の終着駅でもある。
その改札の目の前にうなぎ弁当屋つまり、駅弁屋やまよしがあり、そこが食べさせてくれるらしいが、どう見ても食べるスペースがない。
窓口で聞いて見ると、外を出た裏に座敷があり、ここで注文して、支払って、裏で食べる仕組みらしい。

そこで、うなぎ丼並を注文して言われた通り外に出て裏口に回ると、勝手口がありそこから入る。
座敷は4畳半ぐらいの小さなスペースに、長テーブルが3つ壁ぎわに並べられている。
6〜7人でいっぱいになる。
立ち食いならぬ、座り食いである。
【湖西・豊橋】立ち食いうなぎ?
【湖西・豊橋】立ち食いうなぎ?

うな丼は、関東風に蒸されて出てくる。【湖西・豊橋】立ち食いうなぎ?
ふんわりとした身が柔らかく、たれも濃い目で美味しい。【湖西・豊橋】立ち食いうなぎ?
味も去ることながら、このシチュエーションが好きかも?

20090727

店名:駅のうなぎ屋 やまよし
注文品:うなぎ丼並(1260円)
場所:静岡県湖西市新所原3-4-1 天浜線新所原駅舎内
電話:053-577-4181
営業:1030-1830
休み:火曜
トッピング:お吸い物、お新香
評価:6.5

【岐阜可児】うなぎ

【岐阜可児】うなぎ
金沢から、260㎞。東海北陸自動車道の片側1車線でイライラしながら、岐阜に入り、名古屋に宿泊した前日。
名古屋の朝は豪雨でスタート!
岐阜の可児に移動して、打ち合わせをして、満を持してランチ。
ここに来るとほとんどの確率でうなぎである。

関西風の腹開きで蒸さないうなぎは、皮がパリパリする。【岐阜可児】うなぎ
身はふわふわと柔らかく、タレとの絡み具合が良いね。
丼には鰻が二段になっており、底の方を突っつくのが楽しくなってくるね。【岐阜可児】うなぎ

20090717

店名:料亭うなぎ 康生
注文品:上うなぎ丼(2950円)
場所:岐阜県可児市広見802-1
電話:0574-62-0061
営業:1100-1400 1700-2030
休み:月曜
トッピング:肝吸い、お新香、小鉢
評価:6

【会津若松】ソースかつ丼



【会津若松】ソースかつ丼
午前中の打合わせが終わり、早めのランチで、会津若松名物のソースかつ丼を食べに「むらい」に向かう。
開店前なのに3名の人が待っており、人気店である事が伺える。

一般的な「ロースかつ丼ソース」を注文して、出来上がるまで10分程待つ。【会津若松】ソースかつ丼

出て来たソースかつ丼を見てビックリしてしまった!
「これ!!?」
分厚いロースかつがてんこ盛り!!
あり得ない量である。

【会津若松】ソースかつ丼
まわりでも驚きの声が聞こえる。

食べてみると、とんかつは柔らかく、大きくてもサクッと軽く食べれる。
敷いてあるキャベツとご飯にソースが染み込んでバランスが良い。【会津若松】ソースかつ丼

美味しいけど、多い。本当に多い。

ほとんどの人が、かつを持ち帰りしている。
いやぁ〜参ったね。

20090710

店名:お食事処 むらい
注文品:ロースかつ丼ソース(1150円)
場所:会津若松市門田町中野屋敷107-1
電話:0242-26-1037
営業:1100-1400 1730-2000
休み:木曜
トッピング:お新香、メンマ、きゅうり、キャベツ
評価:6.5

みそ汁に架ける橋(笑)
【会津若松】ソースかつ丼

【松山】うどん・天丼

【松山】うどん・天丼
松山での最後の食事は、地元の不動産店長の案内で、空港そばの「耕庵」へ。
四国は何処に行っても讃岐系がほとんどだが、ココは地元の小麦を使った地粉うどん。
今日のランチセット、天丼を注文。うどんは暑いのでざるうどんにする。

注文後にうどんを茹ではじめるらしく、10分位待って出てくる。
天丼のツユも別に出てきて、濃さの調整とサクサク感を残すようになっている。
うどんもしっかりとしたコシで、讃岐うどんとの違いを意識しているようである。

地元の人が通う店に間違いはないね。

20090703

店名:耕庵 空港通り店
注文品:ランチセット(890円)
場所:松山市空港通り6-12-13
電話:089-968-6788
営業:1100-2130
休み:無休
麺:地粉うどん
トッピング:サラダ
評価:5.5

【帯広】豚丼

苫小牧で午前中打ち合わせしたあと、すぐさま帯広に向かう。
日高方面から、日高山脈を北上し、トマム経由で帯広へ250㎞のドライブである。
帯広到着後、打ち合わせ前に軽くランチ。
駅から近いが、新店らしく綺麗な暖簾とノボリが立つ豚丼屋に入る。

店のメニューにはこだわりが書いており、クライムポークのロース肉を使い、十勝養蜂園の蜂蜜、釧路の地酒福司で作った特製タレを炭火で焼き上げて塗ってるらしい。

出てきた豚丼は、綺麗な照りを出し、どんぶりから肉がはみ出している。
上品な感じは駅前の名店ぱんちょうの様でもある。【帯広】豚丼
肉は柔らかく、タレはほんのり甘い。炭火で焼いてはいるが、炭火の香りはしなかった。
タレと肉どちらもこだわっているのは判るが、まだ、肉とタレがシンクロしていない感は否めない。
基本が美味しいだけにもったいないね。

20090515

店名:はなとかち
注文品:豚丼(630円)
場所:帯広市大通12丁目2 佳ビル1F
電話:0155-21-3680
営業:1100-1900
休み:火曜
評価:5