2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

じゃじゃ

【神戸元町】餃子&じゃじゃ

【神戸元町】餃子&じゃじゃ
三ノ宮で軽く懇親会を終えて、ホテルにチェックイン、上司が軽く1杯だけと、ホテルの横にある、神戸中華街南京町を歩く。1930を過ぎて閉まっている店も多い。

目的の「ぎょうざ苑」は営業していたので、入る事ができた。【神戸元町】餃子&じゃじゃ

先ずは、ビールと焼餃子、水餃子を1人前づつもらってつまむ。
プリプリの水餃子を酢醤油で頂く。
【神戸元町】餃子&じゃじゃ

焼餃子は、特製の味噌だれ。何と餃子の味噌だれはこの店が発祥らしい。
食べた瞬間、肉汁が飛び出る程の焼餃子は、店の名前ぎょうざ苑にふさわしい味である。
具も皮も手作りで、食べてる閉店間際でも、皮を打っていた。

一杯のはずが、もう一杯となり、つまみをどうするか?
ここのオススメは餃子ともう一つ「ジャジャ麺」である。
しかし、ジャジャ麺を食べる程のお腹の余裕はなく、メニューの中に面白いモノを見つけた。それがジャジャ菜。【神戸元町】餃子&じゃじゃ
千切りにしたキャベツともやしをさっと茹でて、その上に肉味噌が掛けられている。
ジャジャ麺のように、よく混ぜて頂く。
【神戸元町】餃子&じゃじゃ

キャベツともやしのシャキシャキとした茹で具合とジャジャ味噌が抜群にマッチしていて、思わず美味い!って二人で行ってしまった。

今度、家で作ってみよっと!
20090805

店名:ぎょうざ苑
注文品:焼餃子(420円)水餃子(420円)ジャジャ菜(630円)
場所:神戸市中央区栄町通り2-8-11
電話:078-331-4096
営業:1145-1500 1700-2030
休み:月曜
トッピング:茹できゃべつともやし
評価:7

【盛岡】じゃじゃめん

【盛岡】じゃじゃめん
矢幅での打ち合わせが終わり、上司の新幹線までの時間の空きもあったので、前回、じゃじゃは食べたものの、駅の地下じゃ食べた気がしなかったので、白龍に立ち寄った。

今では観光客もつめよる有名店になってしまったが、やっぱり安心してしまう。
普通ちーたんで未だに500円で食べられるんだから、やっぱり病み付きになるよね。
今回の味は、麺の茹で具合いがイマイチの感じがした。
良く見ると店員が若い兄ちゃん3人でやっていて、麺が出て来たあたりに、昔からいるおばちゃんが現れた。じゃじゃもやっぱり茹で方が違うだけで味が大きく変わってしまうね。

今日は節分で落花生がサービスで食べ放題だったのが嬉しかった!

20090203

店名:白龍(パイロン)
注文品:じゃじゃめん(500円)
場所:盛岡市内丸5-15
電話:019-624-2247
営業:1130-2000
休み:日
麺:じゃじゃめん
トッピング:肉みそ、きゅうり、ねぎ、しょうが、紅しょうが
評価:7.0

【岡山】じやじやめん

【岡山】じやじやめん
盛岡以外にじゃじゃめんを名物にしている店が岡山の駅前にあるとその上激辛と聞いたら黙っていられない!
広島に行く前に食べないといかん!

岡山の駅前にビックカメラがあり、その裏路地にある小さな中華屋、華光軒。
おじちゃんとおばちゃんのふたりで切り盛りしている岡山の繁盛店らしい。
店にはたくさんのメニューがあったが迷わず、じやじやめんを注文。
すると、おじちゃんが辛さは?って聞いて来たので10と言いたかったが、遠慮して7と伝える。
その後、違うサラリーマンが同じ物を頼み、辛さを聞かれると、悩みおじちゃんがサンプルの辛さを出していた。なんだよ、試食出来るんだ!

出てきた、7辛のじやじやめんを皆が覗きこんでいるのが判る。
「あけっ〜」って小声が聞こえてくる。
真っ赤な海の中を掘り出し、麺をすすってみる。
唐辛子を中心とした辛味が、もやしやきゅうりと食べる事により、緩和される感じ、盛岡冷麺に通じるところがある。
じゃじゃなので、ちゃんと麺と肉みそを混ぜてどんどん口に運び完食!!
店のおばちゃんに大丈夫だった?って聞かれたが、全然大丈夫ですよって応えると、横でおじちゃんが、食べ方見ていて大丈夫だと思った!ってお墨付きをいただいちゃいました。

盛岡のじゃじゃとは全くの別物で広島つけ麺に辛さも麺も似ている。じやじやめんでした。

20090116

店名:華光軒
注文品:じやじやめん(800円+200円)辛味増
場所:岡山市駅前町1-1-11
電話:086-222-8239
営業:1200-1915
休み:不定休
麺:細ストレート麺
トッピング:もやし、きゅうり、白髪ねぎ、肉みそ(玉ねぎ、豚挽き肉、赤唐辛子、青唐辛子)
評価:7

【盛岡】じゃじゃめん

【盛岡】じゃじゃめん
盛岡駅の駅ビルフェザンの地下には、めんこい横丁と称するミニストリートがある。
盛岡は盛岡三大麺と呼ばれる「わんこそば」「冷麺」「じゃじゃめん」が名物となっており、横丁には、そば、冷麺、じゃじゃ、ラーメン、パスタと各種店舗が並んでいる。

普段は入る事がないこの店も、駅近くで出張で他の人にじゃじゃを食べさせるにはここしかないのかも。

麺、トッピング全てが白龍と同じで見事なコピーである。
が、肝心の肉みその味が残念ながらコピー出来ていない。
うっすら感じる中華だしの味が邪魔してる。
申し訳ないがじゃじゃには評価が厳しくなってしまう。

20081225

店名:小すう店
注文品:じゃあじゃあめん中(570円)
場所:盛岡市盛岡駅前通1-44 フェザン南館BF めんこい横丁
電話:019-622-0345
営業:0900-2200
休み:不定休
麺:じゃじゃ麺
トッピング:肉みそ、ねぎ、きゅうり、しょうが、紅しょうが
評価:4.5