2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

鳥取

【米子】出雲そば

【米子】出雲そば


先週の北東北の次は中国地方巡業。
羽田から出雲空港に飛んで、出雲上空で何度も着陸トライするけど霧のため降りれず、岡山空港へ降りてしまった。
乗客は全てバスに乗せられ、出雲空港へ向かうらしいが、そんな事をしていたら、1本目だけでなく2本目の打合せも間に合わなくなってしまう。
そこで、すぐさまレンタカーをかりて移動する事にした。
岡山空港から米子へ高速道路を移動して何とか昼ご飯を食べる事が出来る時間に着いた。
ただし、そんなに時間がある訳でもなく、駅の米吾でそばと五右衛門寿司でも食べるべく、米子駅に向かう。
すると、偶然通った出雲そばのお店がちょっと人が入っていて、気になったので、上司と一緒に入ってみる事にした。
【米子】出雲そば

山陰地方のこのエリアもそばが多く食べられている所。前回の境港でも美味しいそば屋に出会えたし、今回は米子で出雲そばである。
出雲そばの基本である割子そばを注文。
とろろや紅葉おろしが入っていないシンプルなそばだが、これが意外と美味しい。
さすが、地元の人が消えるだけである。
手打ちのそばに海苔とネギというシンプルさがまた良いね。【米子】出雲そば

松江の神代そば程ではないが、米子でちょっとした時に良いかも?

〓http://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B35.25.27.245&lon=%2B133.21.27.312&geo=wgs84&alt=%2B41.000&x-acc=2

20091110

店名:ひの木家 観音寺店
注文品:わりごそば(720円)
場所:米子市観音寺新町1-15-2
電話:0859-35-6244
営業:1030-2200 月曜1030-1500
休み:月1回不定休
麺:手打ちそば
トッピング:のり、ねぎ
評価:6

【境港】一反木綿と目玉おやじ

【境港】一反木綿と目玉おやじ
松江で打合せを終え、米子へ移動し、午後一の打合せをこなす。
次の打合せまで、1時間ちょっと。
ランチを境港港の市場食堂で食べるべく米子から車を飛ばし境港へ。

境港には思い出深く、1985年のわかとり国体で来て以来24年ぶりである。
当時の面影自体覚えてないぐらい昔である。
1985年は阪神が21年ぶりに優勝した年で、一緒に行った友人が阪神の写真集を持っていたり
今では時効だがだと思うが、敗戦後酒盛りをして、二十一世紀なしの包む発砲を頭にかぶり「なし坊主」なんて言って騒いだりしていた記憶が運転しながらよみがえってきた。

境港の漁港は初めてだが日本海屈指の漁港だけあって期待もふくらむ。
しかし・・・目的の市場食堂は、「定休日」の看板・・・
あきらめて、色々回って見るも14時を過ぎると店も昼休みにはいるらしくどこもあいていない。

そこで、市内のそば屋に入る事に。
店にはお客は誰もおらず、店主がカウンターで新聞を読んでいた。
「大丈夫かな?」ってのが正直な感想であった。
メニューをみて、割子そばが妥当かな?と思っていたら、山かけそばの項目にたまごをトッピングすると「月見むらくもそば」と言うらしいが、店での別名が
「一反木綿と目玉おやじ」
と書いてある!

【境港】一反木綿と目玉おやじ
境港は鬼太郎一色である。ならば乗らない手はない!
蕎麦は店内にある石臼でひき、手打ちの10割蕎麦!
最も好きな蕎麦である。
出てきた蕎麦をぐるぐると混ぜ合わせ、すする!
音を立ててすする!

【境港】一反木綿と目玉おやじ
箸休めに、店主が畑で取れたトマトをサービスしてくれたのでそれをつまむ。

出雲・松江・境港と蕎麦はうまいね!

20090624

店名:そば工房 伯蕎庵しばた
注文品:月見むらくもそば(800円)
場所:境港市日ノ出町105-1
電話:0859-42-6056
営業:1100-1600
休み:木
麺:10割そば
トッピング:山芋、大根おろし、ネギ、海苔、玉子
評価:7